皆さんこんにちは!研修生(K)です!

 

相変わらず寒い日々が続いていますね。

先日、美杉では大粒の雪が降りました。付近で積もることはありませんでしたが

ちょっと高い山頂付近では雪が少し積もっており、寒さをより一層引き立てます。

 

ここまで寒いとちょっと暖かいものが恋しくなります。

鍋やラーメンなどもいいですが、ほっと落ち着くお茶も手放せません。

 

特に冬場は熱湯で入れても渋みがほとんど出ないほうじ茶がおすすめです。

香ばしい香りにほんのり甘みを含んだお茶は他になく、煎茶よりも

ほうじ茶がいいというファンも数多く見られます。

 

ちょうど寒い時期でよく出たのか、茎ほうじ茶の在庫が僅かとなってきましたので

今回茎ほうじ茶の製造に携わらさせていただきました。

今回はその工程を簡単に紹介したいと思います。

 

まず、ほうじ茶とはその名前の通り焙じるお茶と書いてほうじ茶ですので

火にかける必要がありますが、

その前によこや製茶では一度原料となるお茶を振るいにかけ、茶葉の大きさを分けます。

 

なぜ大きさを分けるのかというと茶葉の大きさで火の入り具合が異なり、

仕上がりにムラが生じてしまうからという事。

少しでも良い商品になるように工程が増えても必要なことです。

さて、茶葉を大きさを分けたあと火入れ機に投入します。

 

 

 

はじめは緑色で青くて甘い匂いがしますが火を入れ続けますと次第に色が変わり、

匂いも変わっていきます。

茶葉の大きさでも調整しますが、それ以外にも気温や湿度、報じられている茶葉の

色や匂いなどでも細かく調整していきます。

 

 

 

次第にすこし茶色くなり、煙が立ち込み、香ばしいというよりとても甘い匂いがします。

この作業をやっているとなんだがパンケーキを焼いているカフェに居るような気分になり

地味にお腹が空いてくるのは私だけでしょうか…(汗

 

 

こうしてほうじ茶が出来上がります。できたては熱々でとても素手ではさわれませんので

少し冷ましてから袋に詰めます。(熱々のまま袋に詰めてしまうと火事の原因に!

 

 

焙じる前のお茶と焙じたあとのお茶です。

はっきりと色が変わっていますね。

 

焙じるとカフェインやタンニンなどの渋みを感じる成分が減少し、

そのかわりにほうじ茶特有の香ばしさを出すピラジンという成分が増えます。

血液をサラサラにする効果があり、生活習慣病を予防する効果が期待できるとか。

 

カフェインなどの胃を刺激する成分も少ないのでお子様からお年寄りまで

安心して嗜むことのできるお茶です。

 

この良い香りを皆様に楽しんで頂きたく、社長に交渉しました。

限定100名様2月の8日まで、に少しですがお送りさせて頂きます。

受付は、mailで、住所、氏名、性別、年齢を書き件名は、茎ほうじ、で

yoko@yokoyaseicha.com で受付します。

 

皆様も是非一度いかがでしょうか?

 

 

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • パワーポイント発表会
    よっちゃん
  • 茶畑に鹿が…!!
    オレンジマキ
  • 寒冷紗がけな一日。
    かず
  • 薄墨桜の様子@3月22日
    かず
  • 紅茶のギフト。
    かず
  • オンラインショップの商品達…。
    かず
  • 販売所への準備。
    かず
  • お助けマン!ぐっさん先輩!
    かず
  • 畑仕事ぷち体験。
    かず
  • ぐっさん先輩登場!
    かず

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM