こんにちは!よこや製茶のスズキです。

 

本日の中日新聞の朝刊にて、よこや製茶の記事が掲載されました!^-^*

記事が間に合ったみたいです、よかったー!

 

そして、昨日のブログ記事に「三重県版に掲載予定」と書きましたが、

正しくは「津市民版」でしたね、すみません…。

 

↑クリックorタップで大きくなります!

 

↑奥さんと、美杉中学生の生徒さんの写真アップです!

私は残念ながら載っていませんでした。メイクしたのに!(笑

 

ちなみに、こちらの記事、奥さんが三重テレビの取材に引っ張り詰めだったんで

中日新聞の記者さんにお茶の淹れ方をお伝えしたのは、7〜8割私だったんですよ〜ドヤ顔!笑

 

中日新聞さん、いち早く記事にしていただいてありがとうございました!

 

そして、本日の折り込みによこや製茶の新茶のご案内のチラシも一緒に入っていました!

↑ちなみにこちらです!クリックorタップで大きくなります♪

ナイスタイミングでしたね♪

ぜひよこや製茶の新茶をよろしくお願いします!美味しいですよ^-^

 

 

そしてここからは昨日の写真ですー!

写真を数人のかたから頂きましたので、掲載させていただきます!

 

午前中に、茶畑でお茶の手摘み&社長へのインタビューのシーンです。

私はこの時は同行しなかったのですが、畑のど真ん中で自然に囲まれてて良い画が撮れたのではないでしょうか!?^-^

 

↑そして畑のあと、お店で出来上がったお茶の紹介をしています。

お店の人口密度がはげしく、私は外側からしかみてなかったので

まったくインタビューの内容は聞き取れず…。

どんな内容だったのでしょう?放送が楽しみであります^-^

 

↑奥さんの背中越しに!インタビューの様子です

 

↑奥さん&中学生たちのインタビューの様子です。

 

↑お茶のふるまい中の様子です。

ふるまい中は、中学生&名松線に乗ってきた方の周りに関係者さん方が集まり、

人がごっちゃごちゃになってしまっていますね^^; 

奥には名松線がみえてます!

 

写真送って頂いて誠にありがとうございました!

スズキでした!

こんにちは!よこや製茶のスズキです。

 

今日のよこや製茶は、朝早くから全体的に緊張感に包まれておりました…。

皆で工場内や店を一斉に掃除し、キレイになったお店待つこと数十分。

たくさんの車がよこや製茶の駐車場に!!

 

実は、今日のよこや製茶は密着取材な一日だったのです!!!

JA三重中央あぐりネットさんの取材からのつながりで、三重テレビさんの取材がありました!

そしてほかに、中日新聞、JA三重中央広報、農業新聞、と合計4社が集合し(!)、取材を受けました。

 

私自身はおそらくまったく映らないでしょうが(笑)、今日は朝からきちんとメイクして

ズボンも穴の開いてないものを選んできました!!(>▽<*

しかしクツだけいつもと同じちょっとボロっちいのを履いてきてしまいました…無念です(T_T

 

そして!

誠に残念なことに私、本日携帯電話を忘れてきてしまい、

写真を一枚も撮ることができませんでした…(;_;

 

が、奥さんや、取材してくださった方より

写真データを頂く約束をしましたので、入手次第掲載していきます!

どうぞお楽しみに!!

 

 

本日のスケジュールとしては、

・茶刈りの様子(手摘み・機械刈り)

・お茶に関するインタビュー

(今年の新茶、水出し煎茶、紅茶をご紹介)

・美杉中学校の生徒にお茶の淹れ方を教え、名松線に乗ってきた方へ新茶のふるまいイベント

・お茶の加工の様子

 

…と、午前中から夕方まで!ほぼまるっと一日取材でした。

 

私は美杉中学校の生徒さんがたにお茶の淹れ方を教えお茶をふるまうイベントに、

奥さんと一緒に名松線の八知駅まで一緒に行きました。

 

美杉中学校の生徒さんがたは、生徒会の皆さんだそうで、

まだ中学生なのにしっかりインタビューの受け答えをしておりまして、素晴らしいなあと感じておりました。

 

ちなみに、今回振る舞いましたのは、極上松です!

オンラインショップ 極上松

 

ちなみに、こちらのお茶を淹れるコツとしましては、

一度湯冷ましをすること、最後の一滴まで注ぎきることですね♪

 

中学生の皆さんにお教えした淹れ方ですが、

・急須に5〜6gほど茶葉を入れます。

・ポットの湯を湯冷ましさせます。

☆今回の場合は、湯冷まし用の急須に一度お湯を注いで少し湯冷ましをさせた後、

 お茶を入れた急須にお湯を注ぎ入れましたが、おうちで淹れる場合であれば、

 使う湯飲みに一度お湯を注ぎ、その湯飲みのお湯を茶葉の入った急須に注ぎ直せばOKです!

・お茶を少しずつ紙コップに注ぎ入れ、濃度が均等になるように注ぐ。

 

以上で美味しい新茶が楽しめます♪

 

生徒さんがたの淹れたお茶、私もいただきましたが、

丁寧に淹れて頂いたのでとってもおいしかったです♪

またおうちでも淹れて、家族にふるまっていただけたらいいなあ^^

 

 

リポーターのお姉さんもとっても美しく、近くで見れられて幸せでした…

カメラさんマイクさんも昼間の一番あつい時間帯に大きな機材を持ち運んで

本当にお疲れ様でした!

 

今回の取材の放送・記事の記載なのですが、

・三重テレビさん 5/11 とってもワクドキ 6時〜7時の間の1コーナーにて放送予定

・中日新聞 (原稿が間に合えば)4/28(明日)の朝刊 三重県版にて記載予定

・農業新聞 4/30(来週の月曜日) 記載予定

・JA三重中央広報誌 すまいる 6月号記載?(すみません、確定次第記事を修正します…

 

 

 ↓の写真は奥さんが撮影してくださった、リポーターの方と社長のツーショットです!

 

また写真手に入り次第掲載しますので、よろしくお願いします!

 

スズキでした!

こんにちは!よこや製茶のスズキです!

 

今日の美杉は朝はくもり空、お昼前ぐらいから雨といった天気でした。

しかし、社長はその少しの曇り空も逃さずに、奥さんと一緒にお茶刈りに出掛けていました。

なんと忙しや…!お疲れ様です。

 

今日はの私は、ただひたすらにお茶を合組(混ぜ合わせること)したり、お茶を袋詰めしたりしていました。

なんとも話すことが特にない一日でしたので、昨日のことをご紹介します〜!

 

 

 

昨日の昼ごろにブログを書いたあと、

またまた茶畑へ駆り出されてまたまた寒冷紗(黒い布)がけをしました。

 

何度目の説明かわかりませんが(笑)、

お茶の旨味成分である「テアニン」は、日光に当たることにより、苦味成分である「カテキン」に変化してしまいます。

その変化を抑えるために、茶の樹に寒冷紗という黒い布をかぶせます。

こうすることにより、玉露やかぶせ茶といった高級な美味しいお茶ができあがるのです!♪

 

↑こんな感じです。(これは4/19のブログで紹介した写真です)

 

↑私の分かりにくいイラストですみません。

 

寒冷紗をかけるときはだいたい4人一組で、寒冷紗を転がす係が二人、

ヒモをくくる係が二人で、順番に行っていくのです。

普段、私はヒモをくくる係りなのですが、昨日は社長がお茶を揉むので手が離せず、寒冷紗を転がす係に。

 

この寒冷紗が地味〜に重くて、せっかく治ったのにまた肩と腕が筋肉痛です!笑

しかも後ろ向きに畑の中を歩くため、腕だけでなく下半身にもきました…。

つまりは全身痛いです。貧弱ですね…

 

 

そしてこの日の畑は、いままでかぶせてきた畑より少し虫が多く、

口を開けると虫がはいってきそうで…

 

いつもはやいのやいの話しながら寒冷紗をかけるのですが、昨日はみんな口を固く締め

会話も「ん!!」「ん!!!」といった感じで、ちょっと面白かったです(笑

 

はたから見たら意味わかんないですよね(笑

 

今年のぶんの寒冷紗は多分みんなかけたと思うので、次私が畑へ行くのは寒冷紗をはがすときでしょうか。

その時は多分、また筋肉痛になるでしょう…(--;

 

 

スズキでした!


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 茶畑に鹿が…!!
    オレンジマキ
  • 寒冷紗がけな一日。
    かず
  • 薄墨桜の様子@3月22日
    かず
  • 紅茶のギフト。
    かず
  • オンラインショップの商品達…。
    かず
  • 販売所への準備。
    かず
  • お助けマン!ぐっさん先輩!
    かず
  • 畑仕事ぷち体験。
    かず
  • ぐっさん先輩登場!
    かず
  • 茶刈り初体験!!
    かず

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM